ショッピングセンターのフードコートの一角に
こんなシートとテーブルがあり
こちらでセルフタイプの食事が出来るそうです
喫茶コーナー
なるほどね~!!
座り心地も良さそうで 子供だけではなく大人も(*^^)v
周囲がやや賑やかなのを気にしなければ・・・
このリユースシートは楽しそう
そういえば 箱根のラリック美術館に
100年ほど前のオリエントエクスプレスの車輛が展示してあり
だいぶ前にその中で お茶をした事がありました
なかなかの贅沢気分でしたが
こちらのリユースシートはお弁当が似合います
持ち込みOKならいいのに~


関連記事
2014.10.31
秋になると 出てくるブローチ
母の形見で おそらく大正時代の物
裏は銀の台座が付いていて
精巧なガラス細工だと思われますが

子供の頃はおもちゃにして遊んでいた記憶が・・
「グリーンは翡翠で赤はルビーよ!」なんて想像して
きらきら光る赤いガラスが好きでした
赤とんぼブローチ
今思えば 私がステンドグラスに興味を持って
一時夢中でのめり込んでいたのは この頃の影響かな?

生涯の大半を病と戦っていた母は
この赤とんぼを身に付ける機会がどれだけあったでしょう

ふと母を想い出し このブローチの歴史を聞いておけば良かったと
いろいろ思う事の多い 秋の日
関連記事
2014.10.28
生牡蠣は苦手なのに なぜか牡蠣ご飯には目が無い
牡蠣フライも 牡蠣グラタンも 大人になってからの大好物
今日は「辻井」では無く 広島フェアで足が止まったお弁当
牡蠣ご飯だ~
つい 買ってしまってから 気が付いた(-_-;)
カキ弁当
あー!そういえば 夕べの残りのお鍋にウドンを入れてあった。。。
この際半分ずつ 頂くことにしましょう
鍋うどん
夕ご飯控え目で帳尻合わせ ということで(^_^;)

関連記事
2014.10.28
夜明け前の一瞬 枯れ枝の向こうに虹色の空
あたりが影絵のように見えた この不思議感!
10月27日朝の影絵
早起きは《三文の得》とか~三文どころでは無いかな(*^_^*)
関連記事
2014.10.27
昨日夕方 買い物ついでの遠回り散歩
秋っぽい夕日 浴びながら
いつもの風景も 切り取るとこんな感じで見える~ 
秋の夕日

いつも空ばかり見てるので たまには足元に目を向けると
ペチュニアも歩道のアクセントでさりげない姿が可愛い
*花言葉*は「あなたと一緒なら心が和らぎます」
なーるほど!
10月25日ペチュニアの道
カメラを持って歩くだけで ほほ笑むチャンスがアチコチある
関連記事
2014.10.26
ついこの間まで白い花房を付けていた樹に
なんと強烈な色彩の実がついている

ピンクがかった紅いガクの真ん中に宝石のような
青紫色?の実がキラキラと朝日に映えて美しい
ほうずきの弾けたような形で開いてゆくらしい
10月25日クサギの実
へ~あの白い花が・・・こんな変身を!
調べてみたら「クサギ」という樹木
日本、中国、朝鮮半島に分布し8月~10月頃に花をつける
名前の由来は 葉を揉むと臭いニオイがするから(-_-;)
ついでに花言葉は「運命・治療」って面白い!

さて 今朝の空はひつじ雲の赤ちゃん
10月25日秋空

大好きなコスモスの「はしり」もみーつけた
このあたりの見頃は まだこれからのようです
10月25日コスモスのはしり
こちらの花言葉【乙女の真心・調和・謙虚】など
ですって

関連記事
2014.10.25
私が子供の頃は無かった騒ぎ・・・ハロウィン
もともとは古代「ケルト人」のお祭りで
秋の収穫を祝い 悪霊を追い出すなどの
宗教的意味合いもあったようです

街に出ると あちこちにカボチャグッズが並び
やたらオレンジ色が目に入る季節
どうやらこれはアメリカ式のハロウィン祭りが広まっているようで

日本の商店は商魂逞しく 最近ではいつのまにか恒例行事のように
毎年騒いでますね(^_^;)

次はクリスマス そしてお歳暮 お正月!!!

なんだか気忙しい今日この頃
巻き込まれないように マイペースで暮らしましょう(*^_^*)


関連記事
2014.10.24
美味しいランチの後は熱海海岸の散歩

空も明るくなり 穏やかな海の彼方に初島が見えてきた
熱海海岸公園

こーんな立派な遊歩道が整備されていて 気持ちいい~~
熱海海岸遊歩道

面白い葉っぱの木~と思ったら
「ジャカランダ」の木でした!
花の季節が終わり こんな感じになってますが
廻りの木々と異色な風貌が目を惹きます
熱海ジャカランダの木
花の時期はこのようなラベンダー色でブーケのような花が見事
姉妹都市のポルトガル・カスカイス市から送られたのが
初めということで 街路樹にもなってます(熱海市HPより)
熱海ジャカランダの花
こんなのんびりした散策をしながら 気が置けない友人と
心癒されたひと時に感謝
関連記事
2014.10.22
学生時代からの旧友に逢いに熱海へ

朝はあいにくの小雨模様だったのが
東海道線で熱海に着く頃には ほぼ止んでました

遠くに「あたみ城」 今日は平日なのにやけに観光客多し?
熱海城

洋食レストランを探し たどり着いたのは
駅周辺から離れた海岸近くのお店
昭和21年開業の老舗レストラン「スコット」
ここは旧館と新館が近くにあり
11時半頃で旧館はもう満席@@外に並ぶ人も。。。

ということで 12時開店の新館の方へ
待つこと数分でお店オープン!細い階段を2階へ
熱海スコット
店内の雰囲気~旧館よりもやや高級感あり
落ち着いた内装とテーブル・椅子
ここは後で調べてみると 伝統的デミグラスソースが評判で
ビーフチュー・タンシチューが絶品とか

なぜか私は小エビのペンネグラタンを注文
相棒はデミグラスソース仕様のビーフパスタ 大正解!
サラダはシェアでとり
どちらも さすがのお味で 大満足でした
なんと!食後にセットではないのにコーヒのサービスを頂き
ゆったりとしたランチタイムを過ごせました
また来たいお店の1つに
小エビペンネグラタン

***店内の様子***
スコット店内

熱海=和食 海鮮のイメージ改めです!!
関連記事
2014.10.22
夏場は4時起きで 早朝散歩だったのが 
だんだん遅くなり~今朝は6時に家を出ても
日の出はまだ つかまえられる
10月20日日の出

30分ほど歩くと 稲刈り後の藁が並ぶ光景
10月20日稲刈り後の藁

そして ススキがもじゃもじゃの一角から
秋の空 眺めてみた
10月20日すすき
この頃には もうだいぶ明るくなっている
すこし急いで帰ろう・・・な~んでもない一日のはじまり
関連記事
2014.10.20
日の出の場所がだいぶ南に寄ってきた
時間も遅くなり ウォーキング出発も5時半過ぎ
10月17日の出

遠くの富士の頭だけ ついに白く見えるようになり
朝歩きは手が冷たくなる季節
冨士初冠雪

見上げた木々も紅葉チラホラ
はなみずき

稲刈り後の田んぼで しらさぎが朝ごはん
しらさぎ

驚いたことに 電線のすずめ達に混じって
こんな小鳥が~「さくら文鳥」よねー
迷子かしら?カメラ構えてもこの子だけ逃げないで
おー!なかなか良いお姿
そのうちに すずめ軍団の方へ飛び去って行った
さくら文鳥
のどかな今朝の風景
関連記事
2014.10.17
豊島屋のお干菓子をお土産にいただきました
あまりに可愛らしいのでまず写真を
秋の和菓子
和三盆入りのお菓子で出来た籠の中に
栗 松茸 柿 ぎんなん 松ぼっくり 銀杏の葉
それに紅葉と松葉があしらわれて 秋集結!
しばらく目で楽しんでから 賞味しましょ

子供の頃 干菓子というと
カチカチの落雁や飴細工などの記憶しかなく
最近は洋菓子にハマりっぱなし
でも和菓子ってこんなに楽しいものあるんですね(^◇^)
関連記事
2014.10.12
今朝は西の山並みの上空に 満月の名残りがうかんでる
一昨日8日の皆既月食 このあたりは残念ながら雲の中
でも 日の出前のこんな景色もいいんじゃない?
満月の名残り

今年も酔芙蓉の散歩道あるいてる
水芙蓉
*酔芙蓉の名は 花の色が1日で時間がたつにつれ
白から淡い紅色~夕方には紅色になるところから
お酒を飲んで顔が赤くなる様子をたとえて付いたとか*

花言葉は「繊細美・しとやかな恋人」・・・なれませ~ん!
関連記事
2014.10.10
旧友のお呼び出しで 私にしてはちょっと遠くのS駅まで出動
和食バイキングの店を予約していてくれました
半個室でゆっくりオシャベリしながらランチを堪能するため
とはいえ・・・
フームこれは1度に取り過ぎでは?
話もはずみ お代わりもはずみ

これだけの種類は 献立の参考になるかしら?と思い返すと
普段のお惣菜なんですね(-_-;)
CIMG5000.jpg
でも 家では絶対一度には作れない種類をお腹に詰め込み
たわいもない話と 後片付けの心配もないので
食器は使い放題→空になると即 片付けてくれるなんて!

これだけお喋りしたら かなりエネルギー消費してるのよ~
とか 言い訳しながら何度席を立ったでしょう(^_^;)

ま たまにはこんな発作的ランチもあり?
関連記事
2014.10.09
むか~し むかし その昔
青春時代の忘れ物
かなり古びて ジャケットもボロボロ
プレイヤーも無くて聴けないけれど
ビートルズLP
身辺整理しようと思いつつ
まだ捨てられないものの1つです
武道館のチケットはなぜか捨ててしまったのに~!
断捨離 進まず(^_^;)
関連記事
2014.10.09
ミュンヘン マリエン広場で自由観光となる
新市庁舎の仕掛け時計もバッチリ堪能
ミュンヘン新市庁舎

街なかを集合時間まで みな勝手にブラブラ
499ミュンヘン

ブラウエン教会のドーム
498ブラウエン教会ドーム

こちらは国立歌劇場
作夜はオペラ鑑賞にやってきたドレスアップした人々で
かなり賑わっていました
ミュンヘン国立歌劇場


ゾーリンゲンのお店を見つけ 最後のお土産調達
510ミュンヘン~ゾーリンゲン

奥に見えるのは旧市庁舎
しばらく散策中 ミュンヘンの鐘の音が響きわたり感動!
今でも耳を澄ますと聞こえてきそう。。。
やわらかく深く 澄み渡っていて この地ならではの鐘の響きです
ミュンヘン旧市庁舎をのぞむ

気楽に立ち寄ったスタバで軽食
この後ミュンヘン国際空港へ~
ミュンヘンスタバ

帰りもLHの直行便で成田まで
52ミュンヘン~ルフトハンザ機

帰国便

現実の日々が待っている・・・・・
531.jpg
関連記事
2014.10.07
バイエルン国王の離宮「ニンフェンブルク宮殿」は
外側からの観光です
白鳥の泳ぐ大きな池と 手入れのゆきとどいた芝生に囲まれ
横長のひろーい建物で ゆったりした雰囲気
その名は「妖精の城」という意味だそうです
49ミュンヘン

離宮では あのルートヴィッヒ2世が誕生し
洗礼式が行われた祝宴の間があります
ニンフェンブルク城全景

外の回廊からガラス越しにちょこっと中の様子が
49ミュンヘンニンフェンブルク城
外観は今まで観た古城とは違いましたが
やはり中の部屋はバロック ロココ調な感じで豪華!
覗き見(^_^;)だけでも かなりの見応えでした


関連記事
2014.10.06
今年最後ヨ~と家庭菜園の貴重な白ゴーヤをいただきました
やや小ぶりでイボイボも丸みがあり
切ってみると瑞々しくてキレイ

緑ゴーヤに比べて いくらか苦みが少ない感じ
いつもは炒め物などにしていましたが
白ゴーヤ
あり合わせのきゅうりと茗荷も一緒に保存袋に入れ
塩麹で揉んでおき 黒酢を少々 一晩冷蔵庫で馴染ませ
今朝の食卓に 
夏の名残りの一品  うまし!
白ごうや
関連記事
2014.10.04
今朝の夜明けも 面白い雲
上を向いて 歩きながら 追いかけて撮る
こんなんなって
10月夜明け雲2
こーんなふうで あらイイかんじ!
10月夜明け雲
最後は花火の日の出となった
CIMG5069jpg.jpg
関連記事
2014.10.03
ミュンヘンに戻る途中にある 世界遺産のヴィース教会へ~
はるか彼方のアルプスを背に 静寂のただよう湖畔や
のんびりした田園風景がしばらく続きます
402南ドイツの湖

495ヴィース教会裏の牛 - コピー
ごく普通の田舎道に 突然ごく普通の小さな小屋のような白い建物@@
「ヴィース」とはドイツ語で「草原」という意味だそうで
まさしくその名の通り南ドイツの草原にポツンと建つ教会です

小さな農家の「キリスト像にまつわる奇跡」から造られたという
手前にあるのは1740年に建てられた旧礼拝堂
数人で一杯になるくらい とても狭いです
498初代ヴィース教会
あまりにも巡礼者が増えたため
1746年から(完成は1757年)その奥の教会が別に建てられ 
シンプルな外観に比べて内部は見事なロココ装飾で
ため息が出るほどの煌びやかな造りになっています
474ヴィース教会
扉を開けるともう別世界・・・
476ヴィース教会内部
祭壇も天井のフレスコ画もパイプオルガンも
478ヴィース教会祭壇

479jpg.jpg

481パイプオルガン
こじんまりした内部の何処も彼処もこの曲線と豪華な装飾!
美術品として鑑賞してしまいます
492jpg.jpg
添乗員さんの説明によると 以前観光で訪れた日本人団体の
あまりのはしゃぎように呆れた教会側が
しばらく日本人の観光立ち寄りを制限していたらしいとの事
*あくまでも教会は神聖な場所なので 敬意をもってお静かに*
と 前もってご注意が

再び外に出ると 牛小屋の臭い漂うのどかな風景が広がり
なんだか すごーくほっとしました(*^_^*)
467ヴィース教会へ
関連記事
2014.10.01
 | HOME |