い*つ*か

マイペースで。。。

⑥紅葉した蔦もお洒落に

ここもマインツの街角 坂道の途中にこんな建物が
どうやら観光客にはお馴染みの風景らしいが。。。
紅葉の季節で一段と鮮やかに目を惹く

手前に意味不明の女子型の看板があるのが良く分からないけれど
67マインツ市内紅葉の蔦


通りがかりのワイン屋さん
ワイン樽やら 大きなグラスやら ウインドウに
無造作に置いてあるようなワインたちが 
すご~くお洒落なディスプレイだったりして(*^^)v
68マインツのワイン屋さん

関連記事
  1. [ edit ]
  2. 南ドイツの旅
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

⑤穏やかな街~いとしの「マインツ」

夕暮れ近くなり 駆け足で街の中心にあるマインツ大聖堂へ

80マインツ大聖堂

内部は薄暗く 神聖な儀式のように
キャンドルがたくさん捧げられた一画がある
思うところあり 献金をしてキャンドルを灯し参加してみた
92マインツ大聖堂キャンドル

外に出ると 宣教師 聖ボニファティウスの立派な彫像が建っていた
目に飛び込んでくる物は みな美術館 博物館にありそうな@@
それでいて 普通に街にとけこんでいる
85マインツ大聖堂前彫像

マインツ広場の噴水も芸術的!
74マインツ広場の噴水

広場の石畳も美しく 街中清潔感があり落ち着いている
99マインツ駅前広場

クリスマスリースが並んでいる露店の花屋さん
マインツ!心が和みます
98マインツ露店(クリスマスリース)

関連記事
  1. [ edit ]
  2. 南ドイツの旅
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

④マインツのシャガール

ホテルに着いて荷物を置き すぐにタクシーでマインツ市内へ直行
ツアーには入っていない「聖シュテファン教会」のステンドグラスが目的!

35聖シュテファン教会

比較的小さな教会で 扉が中世の雰囲気をもって出迎えてくれます
いきなり訪れて不安でしたが ちゃんと扉が開きました~ワクワク
36聖シュテファン教会入口扉
38聖シュテファン教会入口扉

シャガールデザインの淡いブルーの光の中に なんとも幻想的な世界がありました
ここが見られただけでも ドイツまで来た意味があった-―ーと自己満足の感動しきり!!
53聖シュテファン教会祭壇

夕方に近かったせいか あまり人もいなくて
 静寂感漂う中での鑑賞
49シャガールステンド

これぞ「シャガール」 贅沢 ひとり占め!!
48シャガールステンド窓

40シャガールステンド2

なのに。。。日暮れ前にまだ見たい所が。。。
せめて 写真撮りまくり
欲張りツアーの弱い所です(-_-;)
関連記事
  1. [ edit ]
  2. 南ドイツの旅
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

③フランクフルトからマインツへ

フランクフルト空港近し!!
鮮やかな紅葉の森と緑の大地の間に おもちゃの街のような集落が
そこここに見えてくる

初めてなのに なぜか懐かしい~なんだろうこの感覚は。。。
33ドイツ上空

35フランクフルト上空2
フランクフルトに到着したのは現地時間14時頃
ゆったりした大型のバスでマインツへ向かう
1人に2席くらいの余裕 先程までエコノミー席で縮こまっていた
手足が伸ばせるー感激!

これから数日間 このバスと運転手さんにお世話になります(*^^)v

38バス車内

日本と木の種類が違うのか 気候風土の違いか
 紅葉のグラデーションが見事に美しく
けっこうなスピードでぶっとばすバスの車窓にくぎづけ!
(そういえば 秋の北海道もややこんな感じに近かったかな~?)
30マインツへ~紅葉街道

関連記事
  1. [ edit ]
  2. 南ドイツの旅
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

②意外と良かったLHの機内食

≪ランチとして運ばれてきた機内食≫

前菜がグリーンサラダとハム、サラミ
半分凍っていた(-_-;)かっぱ巻きと沢庵巻き
パンは必ず付いてくる~

メインはビーフと野菜のバーベキューソース和えに枝豆ご飯
フルーツ盛り合わせのデザート(*^^)v
エコノミーにしては まあまあでしょうか

飲み物はドイツワイン各種とドイツビール、スピリッツ!!
コーヒー、紅茶、ウーロン茶、ジュース類と豊富で嬉しい

そら弁も楽しみの一つ
19機内食ビーフ

先にきちんとメニューが配られたのに驚き
LH機内食メニュー

この後も軽食としてサンドイッチやおにぎりが廻ってきましたが
さすがにそれはパスで もっぱら飲み物と機内のスナックで充分
11スナック2

2度目の食事はこーんなかんじ
実はあまり記憶が無く ケーキはイマイチだったのは覚えているのですが・・
多分半分寝ていたのかも デース
32機内食2
*以上機内食編でした*

モニターを見ると そろそろストックホルム上空 
フランクフルトまであと少し!
31ストックホルム上空

関連記事
  1. [ edit ]
  2. 南ドイツの旅
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

①ルフトハンザ航空で

「いつかこんな事があったなー」
忘れないうちに残しておきたくて。。。数年前の旅の想い出

午前中、成田発フランクフルト行きのLH便です
もちろんエコノミー  この時は座席モニター無し(-_-;)
イヤホーンで音楽を聴きながら 10時間以上のフライトがスタート!
13ルフトハンザ機内

22ルフトハンザ機翼

海岸線がくっきり見える!
18海岸線

シベリアの凍土~暇なので機内後方の窓から眺めてみた
25シベリア凍土

ウラル山脈上空あたりは窓の外凍ってる(*^_^*)なんたって外気温マイナス60度
28ウラル山脈上空

あ~高度1万メートル超えた!!高所恐怖症で観覧車も乗れなかったのに~ここまで来ると吹っ切れる事が判明
なんか不思議@うれしい→これがホントの「おのぼりさん」か?
29高度1万m

幸い パイロットにも 気流にも恵まれて恐怖の揺れもなく快適
ただし エコノミー席は確かに狭く 血流が滞ること確実!
運動のために機内の空きスペースを見つけてはウロウロ
ちょっと軽いストレッチなんぞしていたら 数人の方々もご参加になり。。。アハッ(*^^)v



関連記事
  1. [ edit ]
  2. 南ドイツの旅
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

ウージパウダーなるもの^^

少し前 宮古島のお土産でウージパウダーという粉末を頂いた
さとうきびを搾った後の残渣を粉末にしたものでかなりの微粒粉
うっかりすると鼻息でとんでゆきそうなくらい細かい。。
袋から取り出す時は要注意@@@

これがなんと食物繊維とポリフェノール 鉄分まで豊富と言うから驚き!

といっても 1度に大量に食べられるものではなく
我が家ではハンバーグや炒め物 スープ カレーなどに混ぜて使用

特に味は無く 吸水性が高く4~5倍にふくらむのでかさ増しにも重宝

食物繊維を意識して取りたい方 お腹スッキリしたい方にお薦めかな?
なにより変な添加物が無いのが良い

沖縄方面のヒット商品ですね~(*^^)v
ウージーパウダー

関連記事
  1. [ edit ]
  2. 雑談
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

夜明けの空suki~

日の出前後の空を見るのが好き

太陽が昇ってくる瞬間に空がピンクやオレンジやパープルや(なぜカタカナ?)
さらに薄く雲が流れていたりすると 虹色に輝いて それが徐々に変化してゆく

夕焼け空の色を茜色というが 朝焼けの色は東雲色(しののめいろ)と呼ぶらしい

こんな一瞬の光景をキャッチできた日は幸せ!
大空の向こう側に オーケストラがいそうな気がする♪
夜明けの空

関連記事
  1. [ edit ]
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

24 ウィーン空港のデメルで

ついにザルツブルク&ウィーンの旅もおしまい!

ウィーン空港で日本までの直行便 (オーストリア航空)を待つ間
待ち時間が十分あり 最後の免税店巡りなどして~デメルのカフェを発見!!

そりゃー入るでしょう(*^^)v  今回はカフェラテを注文
銀のお盆に やはりお水のグラスと一緒に運ばれてきました
ホットなのにカフェラテはなぜかグラスに入ってます
シナモンがたっぷりで 胃に優しいお味
最後のティータイムにベストの選択でしたー

自動ピアノの演奏が流れる中 ウィーンの雰囲気を
優雅に楽しめて 最高のひと時♪
ウィーン空港デメル カフェラテ
いつか もう1度ゆっくり訪れてみたい街。。。叶うかな~?
関連記事
  1. [ edit ]
  2. ちょこっとウイーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

23 お菓子の家

ホテルのロビーに両手を広げて抱えきれないくらいの
大きな「お菓子の家」が飾られました❤
クッキー生地を土台にして 可愛らしい砂糖菓子や人形型クッキーなどがいっぱい!

「ヘンゼルとグレーテル」の童話を思い出して
一瞬童心にかえります(*^^)v

そういえばウィーンでは日本のような生クリームのデコレーションケーキは見ませんでした
ザッハトルテ等の飾りがクリスマス仕様になるくらいでしょうか?
どうやら「シュトーレン」がそのかわりのようです

ゲルストナーで重たいシュトーレンをホールで購入して正解でした
お菓子の家
実はそのシュトーレンは日本へ持ち帰ったものの
殆ど自分の口には入らず(-_-;)
(そのままお土産に持って行き その場で切り分け一切れ試食後 置いてきたため)

一切れの味わいはシナモンの香りとドライフルーツぎっしりの
密度の濃い硬めのパウンドケーキで ずっしりと美味しかったで~す@
シュトーレン他



関連記事
  1. [ edit ]
  2. ちょこっとウイーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

グリーンの薔薇ってあり?

最近さまざまな色合いの切り花を目にします
昨日フラワーセンターで買ってきたのは
花弁のふちがほんのり緑がかったクリームっぽい薔薇

今日になると花弁全体がどんどん薄緑になってきて
うわー素敵❤だけど・・・人工的な色付けかな?

調べてみたら「ライム」という品種があるようですが情報が少なすぎ

でもこんなに楽しませてくれて感謝
コーヒーとケーキも一緒に 母の写真の前に
グリーンの薔薇

関連記事
  1. [ edit ]
  2. 雑談
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

22*リボン飾りの建物

オペラ座近くの交差点にこんな飾りの建物が!
多分ショッピングセンターだと思いましたが 外側のリボン飾りがお洒落~
クリスマスの時期だったからでしょうか
とにかくウィーンは色合いがシックで素敵です
ウィーン市内(オペラ座付近)

こちらは「国会議事堂」 と聞いてビックリ!! 
パルテノン神殿のような造りで 正面には英知を表す「アテナ女神像」や彫刻が
因みに このリボン飾りはクリスマスとは関係なく
「エイズ撲滅運動」のリボン
ウィーン国会議事堂

関連記事
  1. [ edit ]
  2. ちょこっとウイーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

バジルとタイム

残暑見舞いに 近くに住む息子の可愛い奥さんより
プランターで育てたバジルとタイムを届けてもらいました

新鮮で香りのよい香草
少しだけど綺麗に洗って届けてくれる心遣いが嬉しい!
バジルとタイム
タイムに関しては 乾燥した粉末しか知らなかったので
原型がこんな蔓のようなものとは。。。

「タイム」はシソ科の植物で古代ギリシャでは勇気を鼓舞すると信じられ
中世では 悪夢を防ぎ安眠をもたらすと 枕の下に置かれたなど
また 抗菌作用もけっこうあるようです

さっそくサフランライスのドライカレーに混ぜて炒め 香りを楽しみました♪
今度はハーブティーにしてみよう!

バジルは今夜のトマトサラダに(*^^)v
ハーブ好きにはたまりません!!wakuwaku



関連記事
  1. [ edit ]
  2. うまし♡
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

21*宮殿コンサート

アウエルスペルグ宮殿でのコンサートです
アウエルスペルク宮殿


室内管弦楽団「レジデンツ・オーケストラ」のメンバーが
モーツァルトや ヨハンシュトラウスの代表的曲目を楽しく披露してくれました

観光客用にプログラムされたもので途中バレリーナも登場
オペラもあり バリトン歌手は群を抜いていましたね
小さなホールで舞台が狭いため 楽器を置くのも踊るのもかなりの技術
やや無理やり感はありました

もちろん最後はラデツキー行進曲
ドレスコードも特に無く 気軽な雰囲気で
大判のストールを軽く巻いただけでもちょっと気分が違います

本格的コンサートを聴きたい方には物足りないでしょうが。。

とはいえ この時の演奏者のレベルは高く さすがに音楽の都
本物の歴史ある宮殿内でのひと時は
素直に素晴らしく感じました~!
(演奏中は撮影禁止)
レジデンツオーケストラ

この宮殿は当時6歳のモーツァルトがマリアテレジアの膝に飛び乗った場所だそうです
ウィーンにはこのような宮殿や寺院があちこちにあります
アウエルースペルク宮殿内

休憩時間にはシャンパンのサービスも(*^^)v
我々ツアーメンバー以外 ほとんどがヨーロッパの観光客のようでした
レジデンツオーケストラプログラム

日本での煩わしい雑念 雑事から解放されて 念願のウィーン旅行
後の事も考えず 思い切って飛び出してきて大正解∩(´∀`)∩

そう! こんな日々も必要だったんだ―





関連記事
  1. [ edit ]
  2. ちょこっとウイーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

⑳シュテファン寺院

シュテフアン大聖堂の正面から見上げたところ
とにかくこの大きさは全体像がカメラに収まらない

外側はゴシック様式の造りで内部祭壇はバロックの装飾
凄い!としか言いようがない

モーッアルトとコンスタンツェが結婚式をあげた場所
そして彼の葬儀も
シュテファン寺院
もっと時間が欲しい~

シュテファン大聖堂内部



関連記事
  1. [ edit ]
  2. ちょこっとウイーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

⑲「ホイリゲ」のクリスマスディナー

ウィーンの少し郊外で*ワイン酒場*という感じの
小じんまりした家庭的なお店でクリスマスディナー
ホイリゲ内部

ワインと鴨肉(ガチョウ)の料理はこのあたりの代表的クリスマス料理の1つとか
ここのワインはジョッキで出てきます!
お肉の下には紫キャベツが
そして またまたポテトニョッキのお団子のようなものが添えられて
盛り付けが素朴です
鴨肉クリスマスディナー

傍らでバイオリンとアコーディオンのデュオがウィーンに因んだ曲を演奏
リクエストでも様々な曲を器用に演奏してくれ 楽しいひと時
ホイリゲにて

デザートに出てきたのは可愛らしいチョコレート盛り合わせ
種類の多さもですが お味もそれぞれ美味しく
お腹がいっぱいになった我々は 残りをしっかりお持ち帰り❤
ホイリゲのデザートチョコ
ホテルに帰りついたのは夜9時過ぎくらい
こんな時バスタブ付きのお風呂は最高!!
関連記事
  1. [ edit ]
  2. ちょこっとウイーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

空へ続く道

早朝ウォーキングで少し遠回り
陸橋の向こうから 光りのドレスの裾が広がって 雲を彩る
もうすぐ日が昇る

この道が 空への架け橋になってると いいのに

空へ

関連記事
  1. [ edit ]
  2. 気まま散歩
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

⑱ベルベデーレ宮殿

ハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲンが夏の離宮として造らせたという
上宮と下宮とに分かれているバロック建築の宮殿
ラテン語で「美しい景色」という意味らしい

彼の死後 ハプスブルク家のマリア・テレジアに売却され
現在はオーストリア美術館になっている

ここもまた中の撮影は禁止
クリムトの代表作「接吻」などが展示されていた
ふ~~~ム。。。
ベルベデーレ宮殿2
冬期のため庭園は少し寂しい感じだが
少しずつクリスマスマーケットの準備が始まっていた
ベルベデーレ宮殿ツリー


関連記事
  1. [ edit ]
  2. ちょこっとウイーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

⑰閉店の噂?オペラ座付近の「てんま屋」

ウィーンオペラ座の近く、路地を入ったところに「てんま屋」という日本料理店♪
日本人の方が働いていて 久しぶり?の蕎麦つゆの匂いに胃袋がホッと生き返った感じ!

カウンターには日本人の寿司職人さんが~
この日は大勢の予約が入っていたらしく 忙しそうでしたが
ランチには時間が早かったのと、お蕎麦なら という事で
美味しく頂きました あー幸せ!!
ウィーン「てんまや」の蕎麦
ところが 最近になってこのお店が閉店したとの情報が?(*゚Д゚*)ェ…?

ホントなら残念!

関連記事
テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
  1. [ edit ]
  2. ちょこっとウイーン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

蓮の花ことば

朝散歩で蓮池の前を通った
ちょうど花が咲き始めた頃でラッキー!

朝日に照らされた1輪が神々しくみえる

花言葉を調べてみた
~泥の中から美しい花を咲かせる蓮~

苦しみや困難を乗り越え いつか清らかで美しい花を咲かせる
~神聖 清らかな心~とある

そして古代エジプトでも「神聖」な花として
ツタンカーメン王の墓からの出土品の装飾に使われていたそうです

オシリス王には「雄弁」を意味する花として捧げられていたとも

夜明けの蓮

蓮の花

また 蓮の花は花弁が1枚づつはらはらと散ってゆくので
「離れゆく愛」という意味も あるようですが。。。
蓮畑
それぞれの その時々の心情で 眺めてるのかな


関連記事
テーマ : フォト日記    ジャンル : ブログ
  1. [ edit ]
  2. 雑談
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Happy☆

Author:Happy☆
日々思う事 昔あったこと この先も大切にしたいこと
自己満ブログで失礼します
☆皆さまの素敵なブログを見つけたら
リンクに追加させて頂くかもしれませんが
うっかりご挨拶無しでも 
どうかご容赦下さいませ☆

最新トラックバック

« 2014 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR


pagetop