ついにザルツブルク&ウィーンの旅もおしまい!

ウィーン空港で日本までの直行便 (オーストリア航空)を待つ間
待ち時間が十分あり 最後の免税店巡りなどして~デメルのカフェを発見!!

そりゃー入るでしょう(*^^)v  今回はカフェラテを注文
銀のお盆に やはりお水のグラスと一緒に運ばれてきました
ホットなのにカフェラテはなぜかグラスに入ってます
シナモンがたっぷりで 胃に優しいお味
最後のティータイムにベストの選択でしたー

自動ピアノの演奏が流れる中 ウィーンの雰囲気を
優雅に楽しめて 最高のひと時♪
ウィーン空港デメル カフェラテ
いつか もう1度ゆっくり訪れてみたい街。。。叶うかな~?
2014.08.16
ホテルのロビーに両手を広げて抱えきれないくらいの
大きな「お菓子の家」が飾られました❤
クッキー生地を土台にして 可愛らしい砂糖菓子や人形型クッキーなどがいっぱい!

「ヘンゼルとグレーテル」の童話を思い出して
一瞬童心にかえります(*^^)v

そういえばウィーンでは日本のような生クリームのデコレーションケーキは見ませんでした
ザッハトルテ等の飾りがクリスマス仕様になるくらいでしょうか?
どうやら「シュトーレン」がそのかわりのようです

ゲルストナーで重たいシュトーレンをホールで購入して正解でした
お菓子の家
実はそのシュトーレンは日本へ持ち帰ったものの
殆ど自分の口には入らず(-_-;)
(そのままお土産に持って行き その場で切り分け一切れ試食後 置いてきたため)

一切れの味わいはシナモンの香りとドライフルーツぎっしりの
密度の濃い硬めのパウンドケーキで ずっしりと美味しかったで~す@
シュトーレン他


2014.08.16
オペラ座近くの交差点にこんな飾りの建物が!
多分ショッピングセンターだと思いましたが 外側のリボン飾りがお洒落~
クリスマスの時期だったからでしょうか
とにかくウィーンは色合いがシックで素敵です
ウィーン市内(オペラ座付近)

こちらは「国会議事堂」 と聞いてビックリ!! 
パルテノン神殿のような造りで 正面には英知を表す「アテナ女神像」や彫刻が
因みに このリボン飾りはクリスマスとは関係なく
「エイズ撲滅運動」のリボン
ウィーン国会議事堂
2014.08.11
アウエルスペルグ宮殿でのコンサートです
アウエルスペルク宮殿


室内管弦楽団「レジデンツ・オーケストラ」のメンバーが
モーツァルトや ヨハンシュトラウスの代表的曲目を楽しく披露してくれました

観光客用にプログラムされたもので途中バレリーナも登場
オペラもあり バリトン歌手は群を抜いていましたね
小さなホールで舞台が狭いため 楽器を置くのも踊るのもかなりの技術
やや無理やり感はありました

もちろん最後はラデツキー行進曲
ドレスコードも特に無く 気軽な雰囲気で
大判のストールを軽く巻いただけでもちょっと気分が違います

本格的コンサートを聴きたい方には物足りないでしょうが。。

とはいえ この時の演奏者のレベルは高く さすがに音楽の都
本物の歴史ある宮殿内でのひと時は
素直に素晴らしく感じました~!
(演奏中は撮影禁止)
レジデンツオーケストラ

この宮殿は当時6歳のモーツァルトがマリアテレジアの膝に飛び乗った場所だそうです
ウィーンにはこのような宮殿や寺院があちこちにあります
アウエルースペルク宮殿内

休憩時間にはシャンパンのサービスも(*^^)v
我々ツアーメンバー以外 ほとんどがヨーロッパの観光客のようでした
レジデンツオーケストラプログラム

日本での煩わしい雑念 雑事から解放されて 念願のウィーン旅行
後の事も考えず 思い切って飛び出してきて大正解∩(´∀`)∩

そう! こんな日々も必要だったんだ―




2014.08.09
シュテフアン大聖堂の正面から見上げたところ
とにかくこの大きさは全体像がカメラに収まらない

外側はゴシック様式の造りで内部祭壇はバロックの装飾
凄い!としか言いようがない

モーッアルトとコンスタンツェが結婚式をあげた場所
そして彼の葬儀も
シュテファン寺院
もっと時間が欲しい~

シュテファン大聖堂内部


2014.08.07
ウィーンの少し郊外で*ワイン酒場*という感じの
小じんまりした家庭的なお店でクリスマスディナー
ホイリゲ内部

ワインと鴨肉(ガチョウ)の料理はこのあたりの代表的クリスマス料理の1つとか
ここのワインはジョッキで出てきます!
お肉の下には紫キャベツが
そして またまたポテトニョッキのお団子のようなものが添えられて
盛り付けが素朴です
鴨肉クリスマスディナー

傍らでバイオリンとアコーディオンのデュオがウィーンに因んだ曲を演奏
リクエストでも様々な曲を器用に演奏してくれ 楽しいひと時
ホイリゲにて

デザートに出てきたのは可愛らしいチョコレート盛り合わせ
種類の多さもですが お味もそれぞれ美味しく
お腹がいっぱいになった我々は 残りをしっかりお持ち帰り❤
ホイリゲのデザートチョコ
ホテルに帰りついたのは夜9時過ぎくらい
こんな時バスタブ付きのお風呂は最高!!
2014.08.06
ハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲンが夏の離宮として造らせたという
上宮と下宮とに分かれているバロック建築の宮殿
ラテン語で「美しい景色」という意味らしい

彼の死後 ハプスブルク家のマリア・テレジアに売却され
現在はオーストリア美術館になっている

ここもまた中の撮影は禁止
クリムトの代表作「接吻」などが展示されていた
ふ~~~ム。。。
ベルベデーレ宮殿2
冬期のため庭園は少し寂しい感じだが
少しずつクリスマスマーケットの準備が始まっていた
ベルベデーレ宮殿ツリー

2014.08.03
ウィーンオペラ座の近く、路地を入ったところに「てんま屋」という日本料理店♪
日本人の方が働いていて 久しぶり?の蕎麦つゆの匂いに胃袋がホッと生き返った感じ!

カウンターには日本人の寿司職人さんが~
この日は大勢の予約が入っていたらしく 忙しそうでしたが
ランチには時間が早かったのと、お蕎麦なら という事で
美味しく頂きました あー幸せ!!
ウィーン「てんまや」の蕎麦
ところが 最近になってこのお店が閉店したとの情報が?(*゚Д゚*)ェ…?

ホントなら残念!
2014.08.03
@@@ある日のランチはウィンナー・シュニッツェル@@@

一説では もともとがイタリアの「ミラノ風カツレツ」からきたらしく
確かにそんな感じですが・・・油で揚げずにラードで焼くのだそうです

なにしろこれが うわさ通りの大きさで(^_^;)
レモンをたっぷり絞っていただきました

サックサクの衣で しつこさは無く美味しいのですが
薄いとは言え なんせこの大きさ!!すごいですね~
付け合わせはもちろん「じゃがいも」
サラダ、パン、ワイン付き

はて 完食できたでしょうか?Σ(´ω`*)?

ウインナシュニッツエル
実はこのランチ 魚料理も選べたのですがーーー
こちらでは川魚が多いそうで お薦めという感じではなかったのです

さて食後はウィーンの賑やかなクリスマスマーケット(市庁舎前広場など)を
またまたホットワイン片手に歩きまわり
スケジュールの関係でかなり足早でした。。。(。・´_`・。)エ
2014.07.31
シュテファン寺院近くの細い路地~ Bräuner通りの途中に
あまり知られていませんが「シュタイフギャラリー」があります

シュタイフギャラリー


前もって調べておいたこのお店を探し当て 
お土産のテディベアーストラップを2個購入!大満足ヽ(*´v`*)ノ
例のお耳のタグもしっかり付いてます(*^^)v

もっと高額なアンティークベアや縫いぐるみもありますが
日本よりお得です
ただし、お店が開いている時間に要注意
シュタイフベアー
2014.07.30
 | HOME |  NEXT PAGE »